青いけど緑のその緑とは?

青いけど緑のその緑とは?

青汁の青についてのお話を一つ。青汁でも信号機でも、日本では緑色を「青」と呼ぶことがありますよね。筆者も、100%日本人ですので普段は特に意識をすることもありませんでしたが、ふとした時に外国人に色を説明する時などは、ハッと改めて考える場面があります。ではなぜどう見ても緑色なものを「青」と呼ぶのでしょうか?
それは日本語の中の色の歴史を振り返る必要があります。本来、日本語の中には、黒、白、赤、青という4色しかありませんでした。現在でも、この4色のみ黒い、白い、赤い、青いのように「○い」と形容詞的な表現をすることからもその名残が見られます。ほかの色では、一部は黄色い、茶色いというように「○色い」と色を付けることで成り立つものもあれば、緑、紫のように、全く成り立たない色もあります。というわけで、その昔の色の基準が現在にも日本語の中に残っていて、緑色のものを「青」と示すことがあります。
この青汁の呼び方一つ知るだけでも、なんとなく青汁の効果がアップするような気がしますよね。つまり、青汁の青は、日本に、そして日本語に昔からある色から来ているとなれば、もうなんだか青汁を見ただけで健康が17%ぐらいはアップしている気がします。